レセプトの査定と返戻 | 医療事務資格の真実

レセプトの査定と返戻

レセプト(診療報酬請求明細書)は提出・伝送すればそれで終わりではありません。

 

そのレセプトに基づいて病院にきちんとお金が振り込まれた時点で終了です。

 

提出したレセプトに間違いや不備があると、返戻・査定となって、お金が振り込まれません。

 

返戻や査定の数が多く、予定通りお金が振り込まれないと病院は経営的に困ってしまいます。
そうならな為に医療事務としての力が必要なのです。

 

返戻(へんれい)とは、レセプトに不備があって病院にレセプトが差し戻されることです。
もちろん修正して再提出します。

 

しかし再提出できるのは翌月以降です。
「最終的にお金は入ってくるので問題ない。」とは絶対思わないでください。

 

返戻があれば、再提出の手間もかかりますし(病院側にとって不要な費用です。)、入金が少なくとも1ヶ月は遅れることになります。

 

査定とは、診療内容が正しくないと否定され減点されることです。(理屈的には増点もあります)
診療内容に踏み込むので難しい部分もありますが、単純に病名が間違っている場合等も査定対象となる場合がありますので、提出するレセプトは隅々までしっかりと確認しましょう。

 

あなたもお給料が1ヶ月遅れたり、思っていたより少なかったら、即家計が破綻とはならなくてもかなり困りませんか?
そんなことが続けば、その会社を辞めることも考えるでしょう。

 

病院も同じです。

 

返戻や査定をゼロにすることは、現実的には難しいかもしれませんが、あまりにも多いようだと、あなたの医療事務としての資質を疑われることにつながります。

 

医療事務のプロとして、ミスのないレセプト(診療報酬請求明細書)作成を目指してください。

 

 

レセプトについて現役医療事務員に解説してもらいました。
中学生にもわかる「レセプト」

 

 

関連ページ

受付でのクレーム対応
医療事務といえば病院の受付業務ですよね。受付は接客業・サービス業と言えるかもしれません。ですからクレームや苦情を受けることもあります。その対応についてお伝えします。
医療事務は病院の顔です
医療事務員のメインとも言える仕事は、レセプトと受付業務です。その受付業務について思うところをお伝えします。
被保険者証の確認
診療報酬請求業務(レセプト)の第1歩目は、来院された患者さんの保険証を正しく確認することです。それは受付業務の大事な仕事でもあります。
電子カルテの運用
医療事務にとって電子カルテを十分に活用する事が業務の効率化につながります。
レセプトチェックについて
医療事務のメインの仕事であるレセプトについてお伝えします。
レセプトって何?
医療事務にとってメインの仕事の一つがレセプト作成です。責任のある重要な仕事です。
オープンキャンパスに行ってみよう
医療事務員の仕事についてもっと知りたい場合は、オープンキャンパスがおすすめです。仕事の実感を得る事ができるでしょう。
医療事務という接客業
医療事務員は接客業です。サービス業のプロということを意識して仕事に臨んでみてください。
お局さんとの人間関係をうまくやっていくコツ
医療事務員は人間関係が難しい職場だといわれます。実際女性が多く内勤的な仕事であるため、そういった面もあります。うまく立ち回ることが大事です。
医療事務スタッフと死
医療事務員は病院で働く仕事です。病院にとって死はより身近なものだという現実を知っておいてください。