知っておきたい知識 | 医療事務資格の真実

知っておきたい知識

知識

医療事務の資格勉強をしていくうえで、また、医療事務の仕事をしていくうえで、ふとした疑問や、知っていると理解が早まる豆知識などをお伝えしていきます。

 

社会保険や医療関係の法規や取り扱いなどは、どんどん変わっていきます。

 

それら全てにおいて整合性が完全に取れているわけではなく、また過渡期処理などもあり、もともと紛らわしい専門用語などが輪をかけて分かりにくくなっていたりします。

 

そういったものを、医療事務の範囲を超えてまとめています。
直接的に資格取得や仕事と結びつかないものもありますが、きっとあなたのお役に立つ知識です。

 

知っておきたい知識記事一覧

「医療事務の資格を取れば、簡単に就職できる!」このページをご覧になっている方で、そのように思っている人はいないと思います。もし、そんな期待を持っているならトップページからしっかりとご覧になることをおすすめします。また、「未経験可の求人はどれくらい」で調べたとおり経験・資格共に不問の求人が全体の約30...

医療事務の求人への応募は履歴書の提出から始まります。応募が多いところは、応募者全員の面接をする時間がないため書類選考を行う医療機関もあります。なかなか、採用面接まで行かない人は、履歴書や職務経歴書を一度見直すことが大切です。履歴書について、医療事務に限った話ではないですが、基本的な注意すべきポイント...

医療事務の求人において、採用面接に進めるかどうかは職務経歴書にかかっていると言っても過言ではありません。もちろん、履歴書も大事ですが、前回の履歴書書き方のポイントをご覧いただき、基本的には丁寧に作成すれば大丈夫です。それに対し、職務経歴書は手書きする必要はありませんが、逆にワード等で見やすくまとまっ...

医療事務の仕事の一つに未集金の督促、回収があります。もちろん、すべての医療機関で未集金が発生しているわけでもありませんし、医療事務スタッフが必ず行うわけでもありません。未払い者に対して、最終的には内容証明等にて督促を行ったり、金額が多ければ法的な手段をとるわけですが、その段階ではしかるべき機関や、弁...

「社会保険」とは医療事務の勉強を始めたとき、最初に学ぶことです。日本の社会保障制度は社会保険、社会福祉、公的扶助、保健衛生からなり、個人の病気、怪我、出産、障害、死亡、老化、失業などのリスクの予防、保障を目的としています。特に「社会保険」は中核となる存在であり、その中に医療保険があります・・・のよう...

会社などに勤めた場合に加入する職域保険である被用者保険(健康保険組合や共済)には、被扶養者の概念があります。被保険者(加入者)の配偶者(専業主婦等)や子供(学生等)などが被扶養者となり、保険料が増えることなく保険証が発行され、医療保険を利用することができます。被扶養者は収入が全くない場合だけでなく、...