雑記 | 医療事務資格の真実

雑記

医療事務のカフェタイム

ここでは病院での日々の仕事や、ちょっとしたアクシデント?などについて、私が感じたことを書いていきます。

 

肩の力を抜いて、カフェを片手に気分転換にでもご覧いただければと思います。

 

医療事務あるある、病院あるあるなんかも、たまったら掲載していきます。

 

病院・医療事務員の真実が垣間見れるかも^^

雑記記事一覧

医療事務の採用面接に臨む前には、必ず病院・クリニックのホームページを確認しましょう。と前回お伝えしました。ホームページを持つことは、病院等の医療機関だけでなくどんな会社等でも持っているのが当たり前になってきています。ですが、「他のところもホームページがあるから。」「今どきホームページくらい無ければ恥...

今では個人病院やクリニックなどでも、ほとんどがホームページを開設しているところが多いですね。中にはいかにも古いものや、院長ブログなんかのリンクがあって覗いてみると、1年以上更新されていないものもありますが。。。ですが、これから就職活動するなら面接を受ける前に、必ずその病院のホームページは見ておきまし...

医療事務員というのは、やはり人気なようで募集をかけると本当に多くの応募があります。中には、医療事務関連の資格を10個近く合格している人もいます。「診療報酬請求事務能力認定試験」を始め、医療事務全般に関する資格、医事コンに関する資格、医療秘書の資格、医師事務作業補助者に関する資格等々・・・。確かに、そ...

「私はパートなので分かりません。」などとクリニック等の受付で言うのは論外です。患者さんからしてみれば、社員であろうが派遣社員であろうが、パートなのかなんて分からないですし、関係ないですから。分からなければ普通に「分かるものに確認してきます。」と伝えて社員に振っても良いですし、書物等で確認できるのであ...

レセプトコンピューター(いわゆるレセコン)は実に40年以上も前から販売されているシステムです。レセプトコンピュータは医療事務作業の負荷が明らかに軽減されるということで、診療所等の比較的小さい医療機関へも1990年代に普及が進み、2005年には日本医師会からオープンソース(誰でも自由に閲覧・利用できる...

ジェネリックと言う言葉もかなり浸透してきたようで、今ではジェネリック家具なんていうものまであります。ジェネリック家具・・・デザイナーの意匠権が切れたものを復刻版として製作した家具。素材など安価なものを利用しデザインを同じにすることで、憧れのデザイナーズ家具がお手ごろ価格で手に入るというもの。もちろん...

医療事務員だけではなく、医師や看護師さんにも言えることですが、体調不良は天敵です。顔色の悪い受付なんて絶対タブーです。患者さんも「ここで治るのかな?」「ちがう病気をうつされそう。」などと不安になってしまいます。もちろん常日頃から、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスといった感染する疾患の患者とも接する...