昔の医療事務員の方が優秀? | 医療事務資格の真実

昔の医療事務員の方が優秀?

昔は良かった?

レセプトコンピューター(いわゆるレセコン)は実に40年以上も前から販売されているシステムです。

 

レセプトコンピュータは医療事務作業の負荷が明らかに軽減されるということで、診療所等の比較的小さい医療機関へも1990年代に普及が進み、2005年には日本医師会からオープンソース(誰でも自由に閲覧・利用できるプログラム)の日医標準レセプトソフト「ORCA」が発表され、2006年には厚生労働省からレセプトのオンライン請求が「原則」義務化されるなど普及が進んできました。

 

実際には、いわゆる診療所では社会的インフラ整備やレセコン購入に対する補助金などが整備された2009年度以降の拡大が顕著です。

 

医療事務に限らず、IT化によってとても便利になりましたよね。

 

ほんと一昔前は、ほとんど手書きが主流でしたから。。。

 

・・・

 

さて、タイトルの内容なんですが^^

 

レセプトなんかでも電卓で計算しながらレセプトを手書きし、全てのレセプトを計算し終わったら、今度は電卓を叩いて総括を作成する。

 

そんな時代を知っているベテラン医療事務員が時々言うのが、
「昔の医療事務員の方が優秀だった」なんです。

 

でも、よくよく聞くと昔の医療事務員ということではなくて、「昔の私」なんですね。

 

ほぼ全てを手計算でやっていたので、主な診療点数はすべて頭に入っていたし、他人が計算したレセプトを見ても、すぐにミスを見つけられた。と言うことのようです。

 

そう言えば、友人で銀行員がいるのですが、その人が言っていました。

 

「昔は3期分の決算書を眺めれば、いくらまで融資できるか判断できる銀行員がほとんどだったが、今の若い銀行員は自分で判断できない。
パソコンに数字を入力して、出てくる判定に頼りきっている。」

 

「それじゃ上に上がって来れない。」

 

これも結局は同じなんでしょうね。

 

今更パソコンの無い社会には戻れませんし、戻りたくも無いですが、IT化で便利になる反面、ともかく仕事をこなしていれば実力もそれなりに付いてきた時代ではなく、もう一歩自分自身で意識して仕事に踏み込まないといけないと思います。

 

そうしないと、いつまでもパソコンに使われるままで実力がつかない。

 

何らかの理由でパソコンが壊れると、何も出来ないことになってしまいます。

 

そういう私もパソコン無しに仕事しろなんて言われると、何をしたら良いのか想像も出来ないですが。。

 

医療事務だけのことではありませんが、「パソコンがやってくれる。」では無くて、「パソコンが無くても、時間はかかるが手書きで十分できる。」

 

そんな自信を持ったプロとして仕事に臨みたいものです。

 

 

そう言えば、最近簡単な漢字が書けないことが時々あります。
読めますし、画面上で正しい漢字を選ぶことは出来るのですが・・・

 

 

関連ページ

病院・クリニックのホームページに必要なこと
病院やクリニックのホームページは広告です。広告として誰に見て欲しいのか。見た人にどうして欲しいのか。その点が一番大事です。
採用面接前にはホームページを必ずチェックしましょう
医療事務の採用面接前には、応募する医療機関のホームページを見ていますか?面接での受け答えや、アピールのためにも重要なポイントがつまっています。
医療事務資格マニア?〜就職に有利な資格〜
医療事務員というのは、やはり人気なようで募集をかけると本当に多くの応募があります。中には、医療事務関連の資格を10個近く合格している人もいますが...
スタッフコミニュケーションと責任感
病院で医療事務スタッフのスキルアップや、責任感をもってもらうために。医療事務員にとっても少しでも働きやすい職場であればと思います。
ジェネリックを使えば安くなるの?
ジェネリックという言葉もかなり浸透してきましたが、ジェネリック(後発医薬品)を利用すればどれほど安くなるのでか?
医療事務スタッフのタブー
医療事務スタッフだけでなく、医師や看護師にとっても体調不良や顔色が悪いことはタブーです。