プロフィール | 医療事務資格の真実

執筆者プロフィール

医療事務資格の真実執筆者の足立と申します。

 

私は今まで法律事務所や税理士事務所、また一般企業にて総務や経理、労務管理といった様々な管理業務全般について、派遣社員や契約社員、正社員と言った様々な形態で携わってきました。

 

現在は縁あって某中堅医療機関にて、総務全般を担当し10年近くが経とうとしています。(年齢がばれてしまいますね。。)
受付窓口やレセプトといったいわゆる医療事務的な仕事には関わっていませんが(資格は取りました。)、医療事務員の採用や教育、派遣会社とのやり取りなどにも関わっています。

 

このサイトは友人(年齢はかなり下)に「医療事務で働きたい。まず資格を取った方がいい?」と相談を受けたことをきっかけに、私の経験や考え、調べたことをまとめたものです。
(趣味で社会人サークルのホームページを作成、運営しており知識もありましたので。)

 

医療事務の資格を取り巻く環境は決して好ましいものとは思いませんが、医療事務の仕事自体はそれほど悪いものではないと思っています。

 

ですが、他の仕事と比べ特別素晴らしい仕事でも、魅力的な仕事だとも思っていません。

 

派遣社員の割合が増えたことで、いわゆる正社員と非正規社員の格差問題や、女性が多い職場特有の人間関係の難しさなども普通にあります。

 

もちろん、そういった問題がすべての医療事務の職場であるわけではありませんが、医療事務以外の職場と同程度にはあると思います。

 

ですが、医療事務の仕事にやりがいを感じて働かれている人も多いですし、医師や看護師からも一目置かれているような優秀な医療事務員も実際にいます。

 

医療事務員は、患者さんに最初と最後に接し信頼と安心感を与えるとても大事な役割を担い、またレセプトを通じてスムーズな収入の確保という病院の経営にとって大事な役割も担う、病院にとってなくてはならない存在です。

 

このサイトが『本気で医療事務の仕事に就きたい』人にとっての一助となれば幸いです。

 

お問い合わせ

記事内容等に間違いを発見された場合は、ご連絡いただけると幸いです。

 

 ⇒ お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

 

なお、ご意見・ご批判は甘んじて受けさせていただきますが、根拠の確認できないものについては対応、返信いたしかねますことをご了承ください。