医療事務スタッフのタブー | 医療事務資格の真実

医療事務スタッフのタブー

医療事務スタッフのタブー

医療事務員だけではなく、医師や看護師さんにも言える

ことですが、体調不良は天敵です。

 

顔色の悪い受付なんて絶対タブーです。

 

患者さんも
「ここで治るのかな?」
「ちがう病気をうつされそう。」

 

などと不安になってしまいます。

 

もちろん常日頃から、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスといった感染する疾患の
患者とも接するわけですから、自己管理は非常に大事です。

 

基本的なことですが、体調が悪いなと感じたら、早め早めにしっかりと休む、
栄養を取るということが大事です。

 

また、病院によって方針が決まっているところもありますが、可能ならマスクを
勤務中は着用しておいてください。

 

接遇対応の観点から原則マスク着用禁止としている病院もあるようですが、
どうなんでしょうか?

 

確かに、ホテルやレストラン、喫茶店などでスタッフがマスクをしているところを、
ほとんど見たことがありません。

 

インフルエンザの流行時期でもなければ、逆にマスクをしているスタッフは風邪
か何かにかかっているのではないかと、あまりいい感じはしないです。

 

ですが、病院は特殊な環境です。

 

風邪の菌やウイルスに感染した人が集まる場所ですし、そういった人たちと
直接対応する受付スタッフには、感染防止のためにきちんとマスクを着用して
欲しいと考える患者さんもいます。

 

少し大きめのマスクを利用すれば、顔色が悪いのも隠せますしね。

 

出来るなら医療事務スタッフだけでなく、職員全員のマスク着用をルール化
してしまっても良いと思います。

 

また、女性ならメークである程度顔色の悪さを隠すことができます。

 

青白いお肌の人であれば、ピンク系の下地にファンデ、ピンク・ローズ系のチーク、
口紅も濃いピンク系で。
グロスで少し唇につやを出せばかなり顔色が良くなります。

 

黄色、土色系のお肌の人であれば、パープルのコントロールカラー(化粧下地)、
オレンジ系のチークに、赤系リップがおすすめです。

 

できる医療事務員として、患者さんや周りのことだけでなく、自分にも気を配れる
医療事務員になりたいですね。

 

 

関連ページ

病院・クリニックのホームページに必要なこと
病院やクリニックのホームページは広告です。広告として誰に見て欲しいのか。見た人にどうして欲しいのか。その点が一番大事です。
採用面接前にはホームページを必ずチェックしましょう
医療事務の採用面接前には、応募する医療機関のホームページを見ていますか?面接での受け答えや、アピールのためにも重要なポイントがつまっています。
医療事務資格マニア?〜就職に有利な資格〜
医療事務員というのは、やはり人気なようで募集をかけると本当に多くの応募があります。中には、医療事務関連の資格を10個近く合格している人もいますが...
スタッフコミニュケーションと責任感
病院で医療事務スタッフのスキルアップや、責任感をもってもらうために。医療事務員にとっても少しでも働きやすい職場であればと思います。
昔の医療事務員の方が優秀?
医療事務員の仕事もIT化がどんどん進み便利になりました。だからこそ医療事務資格を取る意味も増してきたのかもしれません。
ジェネリックを使えば安くなるの?
ジェネリックという言葉もかなり浸透してきましたが、ジェネリック(後発医薬品)を利用すればどれほど安くなるのでか?