医療事務は病院の顔です | 医療事務資格の真実

医療事務は病院の顔です!

医療事務員に募集した場合、特にクリニックなどの比較的小さな病院では受付業務をすることが多いと思います。

 

もちろんレセプトなども重要な仕事ですが、受付は何と言ってもその病院の顔です。

 

来院された患者さんが、まず接するのが受付です。
その第一印象で患者さんは病院を評価してしまいます。

 

レストランなどでも、出てきた料理がいくら美味しくても、店員の態度が悪ければその美味しさも半減してしまいますよね。

 

そして、二度と行こうとは思いません。

 

病院も同じです。

 

ですから、電話対応も含め受付業務についているときは患者さんを第一優先として業務を行い、窓口の前にいる患者さんだけでなく、待合室で診療や会計を待っている患者さんにも気を配りましょう。

 

病院に来られる患者さんは、体調が悪かったり、どこかに痛みを感じていたりして精神的にもナイーブになっています。

 

当たり前のことですが、仕事に追われてその当たり前を忘れてしまう人が結構います。

 

忙しいのは分かりますが、見るからにイライラしているのが伝わってくる、なんてことの無いよう注意してください。

 

特に体調が悪そうな患者さんがいれば、一声かけてあげる。くらいの余裕・配慮を持って受付業務を行ってください。

 

心の中では泣いていても、いつも笑顔で(笑)

 

関連ページ

受付でのクレーム対応
医療事務といえば病院の受付業務ですよね。受付は接客業・サービス業と言えるかもしれません。ですからクレームや苦情を受けることもあります。その対応についてお伝えします。
被保険者証の確認
診療報酬請求業務(レセプト)の第1歩目は、来院された患者さんの保険証を正しく確認することです。それは受付業務の大事な仕事でもあります。
電子カルテの運用
医療事務にとって電子カルテを十分に活用する事が業務の効率化につながります。
レセプトチェックについて
医療事務のメインの仕事であるレセプトについてお伝えします。
レセプトの査定と返戻
医療事務としてレセプトは大事な業務ですが、レセプトは提出・伝送して終わりではありません。
レセプトって何?
医療事務にとってメインの仕事の一つがレセプト作成です。責任のある重要な仕事です。
オープンキャンパスに行ってみよう
医療事務員の仕事についてもっと知りたい場合は、オープンキャンパスがおすすめです。仕事の実感を得る事ができるでしょう。
医療事務という接客業
医療事務員は接客業です。サービス業のプロということを意識して仕事に臨んでみてください。
お局さんとの人間関係をうまくやっていくコツ
医療事務員は人間関係が難しい職場だといわれます。実際女性が多く内勤的な仕事であるため、そういった面もあります。うまく立ち回ることが大事です。
医療事務スタッフと死
医療事務員は病院で働く仕事です。病院にとって死はより身近なものだという現実を知っておいてください。