レセプトチェックについて | 医療事務資格の真実

レセプトチェックについて

レセプト業務は月に1回、1ヶ月分の診療にかかる診療報酬明細書(レセプト)をまとめて支払基金、および国保連合会に送付する業務です。

 

レセコンや電子カルテを導入し、日々の業務を正確に入力できていれば、ほとんど手間はかかりません。

 

ですから、まずは日々の入力を確実に行うことが肝心です。

 

ですが、レセプトチェックにおいても月1回の検査や、コメントには注意が必要です。
1ヶ月を通して確認しなければ判断できない項目もあります。

 

ペーパーレスが言われる時代ではありますが、やはり画面上だけでは確認漏れが多くなってしまう傾向にあります。

 

少なくとも慣れるまでは、紙に印刷し、一つ一つ赤ペンなどでチェックを入れながら確認していく事をおすすめします。

 

二人体制などで二重チェックする場合も、同じ紙をペンの色を変えてチェックするようにすれば良いでしょう。

 

もちろん、院外処方であっても投薬内容なども全て入力した後でチェックしてください。

 

特に薬に対する病名漏れでの査定が一番多いのです。

 

病名漏れの査定は原則再審査できません。

 

ですから、レセプト提出前には必ず、細かいところも全てチェックする事が大事です。

 

査定や返戻のないレセプトを目指しましょう。

 

また、レセプトチェックでミスが見つかった場合は、どうすればそのミスを防げるのかを必ず日常業務にフィードバックしてください。

 

 

レセプトについて現役医療事務員に解説してもらいました。
中学生にもわかる「レセプト」

 

 

関連ページ

受付でのクレーム対応
医療事務といえば病院の受付業務ですよね。受付は接客業・サービス業と言えるかもしれません。ですからクレームや苦情を受けることもあります。その対応についてお伝えします。
医療事務は病院の顔です
医療事務員のメインとも言える仕事は、レセプトと受付業務です。その受付業務について思うところをお伝えします。
被保険者証の確認
診療報酬請求業務(レセプト)の第1歩目は、来院された患者さんの保険証を正しく確認することです。それは受付業務の大事な仕事でもあります。
電子カルテの運用
医療事務にとって電子カルテを十分に活用する事が業務の効率化につながります。
レセプトの査定と返戻
医療事務としてレセプトは大事な業務ですが、レセプトは提出・伝送して終わりではありません。
レセプトって何?
医療事務にとってメインの仕事の一つがレセプト作成です。責任のある重要な仕事です。
オープンキャンパスに行ってみよう
医療事務員の仕事についてもっと知りたい場合は、オープンキャンパスがおすすめです。仕事の実感を得る事ができるでしょう。
医療事務という接客業
医療事務員は接客業です。サービス業のプロということを意識して仕事に臨んでみてください。
お局さんとの人間関係をうまくやっていくコツ
医療事務員は人間関係が難しい職場だといわれます。実際女性が多く内勤的な仕事であるため、そういった面もあります。うまく立ち回ることが大事です。
医療事務スタッフと死
医療事務員は病院で働く仕事です。病院にとって死はより身近なものだという現実を知っておいてください。