医療保険制度について | 医療事務資格の真実

医療保険制度について

日本の社会保障制度は、大きく分類すると「社会保険」「公的扶助」「公衆衛生」「社会福祉」の4つに分かれます。

 

  • 社会保険とは、広義的には医療保険、年金保険、労災保険、雇用保険、介護保険に分類され、その中の医療保険は、医療保険の概要で説明のとおり、被用者保険と国民健康保険という大きな2本柱を中心とする制度です。

    狭義的には社会保険=医療保険となります。

  • 公的扶助とは、病気や障害、事故などの様々な事情により生活に困窮した人に対し、最低限度の生活を保障するために、申請に基づいて公費つまり税金で支払われるものを言います。

    公的扶助には生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、生業扶助、葬祭扶助等があります。

  • 公衆衛生とは、地域社会の人々の健康の保持、増進を図り疾病を予防するための活動です。

    インフルエンザ等の感染症に対する予防活動などがあります。

  • 社会福祉とは、生活困窮者や、老人、児童、身体障害者などの社会的弱者に対する保護及び援助のことです。

 

医療保険制度

これらの中で、医療事務としては社会保険と公的扶助をしっかりと学ぶ必要があります。

 

憲法第25条において
1.すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2.国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 

と定められおり、社会保険(広義)はこの規定に基づき社会保障を実現するための制度の一部です。

 

社会保険とは、具体的には病気、けが、障害、分娩、老齢、死亡、失業等によって生ずる精神的な苦痛、経済的な損失に備え、国民生活の安定を図るものです。

 

この社会保険の一部である医療保険制度を、医療事務の勉強においてはより深く学んでいくことになります。

 

例えば、医療保険では、病気や怪我で診療を受けた場合に保険証を提出することで、自己負担の3割分を支払うだけで済むことになり、残りの7割分は健保組合などの保険者が支払います。
また、障害や分娩、また病気等で就労する事ができない場合に、手当て等の各種給付金の支給があり、死亡の場合は埋葬費が支給される。というような項目があります。

 

ちなみに、医療保険は、日本では昭和36年に国民皆保険体制が確立され、「国民は必ずどれかの医療保険に加入していなければならない。」と定められました。

 

また、よく聞く介護保険ですが、介護保険は医療保険に含まれるものでなく、医療保険と並んで確立されている社会保険制度の一つとして扱われています。

 

関連ページ

医療保険の概要
医療事務を学ぶに当たってまず覚える事が医療保険制度です。実務においても、まずは患者さんがどの保険制度に加入しているのかを判断する事が第一歩となります。
医療保険制度の要点
医療保険にて私たちは病院等の窓口で3割部分を支払いますが、残りの7割部分は医療事務員が診療報酬明細書(レセプト)を作成し、審査支払機関へ提出する事になっています。
医療保険のしくみ(医療費支払の流れ)
医療事務の仕事でメインとなる受付業務、レセプト業務それらが医療保険の仕組みのなかで、どのような位置づけとなるのかを理解しましょう
医療保険の種類
医療事務を学んでいくうえで重要な医療保険について、その種類を見ていきます。
療養の給付とは
医療保険の基本となる給付である療養の給付について説明します。
カルテ(診療録)の見方
医療事務でレセプトをする場合、まずはカルテを読み解くことが必要になります。まずは簡単なカルテの仕組みを学びましょう。
カルテから治療費を計算する流れ
診療が終わった患者さんの治療費を計算するにあたっては、カルテを読み取り点数を算定することから始まります。